2301 「食いしばり」をやめればカラダが快調になる!|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-19:00 土 10:00-13:00

ご予約のお電話は18時まで受け付けております。

image

院長コラム

2301 「食いしばり」をやめればカラダが快調になる!

食いしばりの主な原因として「ストレス」や「悪い噛み合わせ」などが考えられます。
また仕事や何かに集中している時など、無意識に歯を食いしばってしまう方もいます。
食いしばりは、初期の段階であれば以下のような方法で防止することができます。なお、あまり改善がみられない場合は、ご遠慮なく当医院までご相談ください。

食いしばらないことを意識する
上下の歯が接触しないように意識しましょう。 食いしばりをしていることに気づいた時には直ぐにやめるようにします。

ガムをかむ
ガムを噛むことでイライラを抑えて ストレスを逃がし、血流を良くします。キシリトールガムがおすすめです。

ストレッチをする
肩や首周りの筋肉をリラックスさせるよう、力を抜いてほぐすようにストレッチしましょう。 深呼吸をして気持ちもリラッ クスさせましょう

横向き寝や頬杖をやめる
横向きに寝たり、頬杖をしていると、顎関節に偏った力がかかり、噛み合わせが悪くなって、食いしばりを助長してしまう 事があります。

枕の高さを調整する
枕が高すぎると顎や首の負 担が大きくなるため、高すぎない枕を選びましょう。枕を低くすることで口が開きやすくなり、食いしばりを回避することができます。

マウスピースを作る (保険が適用されます)
就寝時の食いしばりが激しい場合は、歯科医院でご自分に合ったマウスピースを作成し、それをはめて寝るようにしましょう。

ページトップへ戻る