矯正歯科|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-20:00 土 10:00-13:00

image

矯正歯科

歯並びについて

異常歯列

image

乳歯にむし歯があると、乳歯から永久歯に生え替わるとき、永久歯の位置がずれることがあります。
また、いったん生え替わった歯はその位置にはとどまらず、かみ方やくせによって移動します。
さらに歯が抜けたり欠けたりした場合、歯は空いたところにどんどん傾きます。このように歯並びが悪いとさらに歯並びを悪くしていきます。

歯並びが悪いのは美容上の問題だけでなく、口腔衛生と重大な関係を持っています。
お気軽にスタッフまで御相談下さい。

  • ■乱杭歯・・・歯がバラバラに並ぶ
  • ■すき歯・・・歯と歯の間にすき間がある
  • ■欠損歯・・・生まれつきまたは後天的に一部分だけ歯がない
  • ■埋伏歯・・・歯がきちんと生えてこないで、歯肉の中または骨の中に埋もれている
  • ■癒合歯・・・本来1本ずつ生える歯が、隣の1本また2本と一緒になってしまった歯

画像で見る異常歯列

■叢生

image

■交差咬合

image

■上顎前突

image

■反対咬合

image

<写真提供>

ひぐち矯正歯科医院 樋口 和彦 先生
東京都練馬区石神井町3-25-21 ライオンズプラザ石神井公園211

不正咬合

image

歯並びが悪いとかみ合わせの不都合が生じます。
これを不正咬合といいます。
不正咬合は歯やあごに負担をかけ、顎関節症を引き起こします。顎関節症には、下記のような症状が現れます。

  • あご周辺の筋肉痛
  • あご関節の痛み、不快感
  • 口を開けるときにコキッと音がする
  • 口を開けると耳のあたりまで痛くなる
  • あごが痛くて口を開けない
  • どこも悪くないのに首や手足が痛む
  • 肩が凝る


保隙(ほげき)装置について

保隙装置とは

乳歯を早い内に喪失した場合、隣の歯や噛み合わせの歯は傾斜したり移動したりすることがあります。これらを防ぎ、次に生えてくる歯のスペースを確保するために使う装置です。

ループ

抜けてしまった歯の隙間を、両隣の歯で確保します。(太いワイヤーで支えます。)
確保された隙間から永久歯が正しく生えてきます。

ディスタルシュー

後継永久歯に咬み合わせや歯並びに多大な悪影響がでないように、周りの歯が動かないよう歯のスペースを確保。その小児矯正装置がディスタルシューです。

ページトップへ戻る