審美歯科|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-20:00 土 10:00-13:00

image

審美歯科

審美歯科とは

image

歯の機能を損ねることなく、歯や口元の美しさを追求した治療をおこなうのが、審美歯科です。天然歯に近い印象を与えてくれる「オールセラミックス」や「ハイブリッドセラミックス」などを使用し、歯の色や形を整え、健康な口腔環境を作っていきます。
「笑ったときに見える歯並びが気になる」「歯の色が悪い」などのコンプレックスをお持ちの方も、審美歯科の対象です。

当院では治療前に、ヒアリングした内容から患者様の現状を把握し、患者様一人ひとりに寄り添った丁寧な治療をご提供いたします。「審美歯科に関するお問い合わせは、当院までお気軽にご相談ください。

審美歯科の材料と特徴

詰め物に使用する主な材料

材料 【長所】 【短所】
オール
セラミックス
天然歯に近い色合いと透明感を持っています。
また、金属を一切使用していない素材ですので、金属アレルギーの患者様も安心です。銀歯に比べ隙間ができにくく、細菌の侵入を抑え、二次虫歯の予防が期待できます。
保険適用の範囲外のため、治療費が高額になります。
また、オールセラミックスは耐久性があるものの、金属に比べると割れやすい性質ですので、噛む力が強い奥歯の使用には適さない場合もあります。
ハイブリッド
セラミックス
歯科用プラスチックとセラミックスを混合して作られる素材で、割れにくく、周囲の歯を傷める心配も少ない素材です。
また、金属アレルギーの心配もなく、ご自身の歯の色に近づけた詰め物を作ることができます。
プラスチックが含まれているため、オールセラミックスよりも色合いの美しさは劣ります。
また、長期的な使用により、変色や磨り減ることが考えられます。
金合金 劣化せず、噛み合う歯を傷める心配も少なく、長期的な使用に適しております。
また、金の成分が溶け出すことがないので、歯茎が変色することもほとんどありません。
「金色」という特性上、治療後に外から見て目立つ可能性があります。
また、金属アレルギーになる可能性も、少なからずあります。
銀歯 保険が適用されるため、治療費を抑えることができます。
また、歯科用プラスチックに比べると強度があり、奥歯に使用しても割れる心配がほとんどありません。
唾液により、金属の成分が溶け出し、歯茎が汚れるリスクがあります。
また、詰め物の隙間から細菌が侵入し、詰め物の中で二次虫歯が発生することも考えられます。

被せ物に使用する主な材料

材料 【長所】 【短所】
オール
セラミックス
天然歯に近い色合いと透明感を持っています。
また、金属を一切使用していない素材ですので、金属アレルギーの患者様も安心してご利用になれます。また、傷がつきにくいため、汚れる心配もほとんどありません。
保険適用の範囲外ですので、治療費が高額になります。
また、見た目は美しいですが、金属に比べると強度が弱く、過度に力がかかると割れてしまう恐れがあります。歯並びが悪く、歯ぎしりが多い方には使用できない場合もございますので、医師までご相談ください。
ハイブリッド
セラミックス
歯科用プラスチックとセラミックスを混合して作られており、割れにくく、周囲の歯を傷める心配も少ない素材です。
また、オールセラミックスよりも、治療費を抑えることが可能です。
プラスチックを含むため、長期的な使用により変色することがあります。
また、オールセラミックスに比べると、透明感が劣ります。
オール
セラミックス
&合金
オールセラミックスと金属を組み合わせており、高い強度を持っています。
また、変色や磨り減る心配もほとんどありません。
金属を使用するため、金属アレルギーをお持ちの方には適さない場合がございます。こちらの素材をお選びになる際には、医師と相談することをお薦めいたします。
ハイブリッド
セラミックス
&合金
セラミックスには劣りますが、高い強度を持っています。
また、保険適用の素材よりも、耐久性に優れています。
セラミックスにはプラスチックが含まれているため、変色する可能性があります。
また、金属アレルギーの方には適さない場合もあります。
白金加金 天然歯に近い硬さで作られており、強度もあることから、奥歯の被せものにされることも多い素材です。
また、金属アレルギーになりにくいことが特徴です。
金属素材ですので、奥歯の使用でも、外から見た時に素材の色合いが目立ってしまうことがあります。
金合金 歯に適合しやすく、金属の成分が溶け出して歯ぐきを変色させる可能性が低く、噛み合わせる歯の負担も軽減することが期待できる素材です。 金色ですので、お口を開けた際に目立つことがあります。
また、金属アレルギーになる可能性もあり、注意が必要です。
銀歯 保険が適用される素材ですので、治療費を抑えることができます。
また、歯科用プラスチックに比べると強度があり、壊れにくい素材です。
唾液により溶けた金属成分によって、歯茎が黒ずんだり、被せものの中で虫歯ができたりする恐れがあります。

ページトップへ戻る