小児歯科|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-20:00 土 10:00-13:00

image

小児歯科

虫歯の治療は、早期に行うことが肝心です。ひどくなる前になるべく早くご来院ください。
痛みに対して不安をお持ちの方は、どうぞお気軽にご相談ください。

放っておくと危険な乳歯の虫歯

image

人の歯は一生に一度だけ生え替わります。
乳歯は生え替わるからといっておろそかにしてはいけません。
永久歯に生え替わるまでの重要な役割があります。
あごの発達、顔の輪郭の形成、身体の発育、永久歯の歯ならびなどに影響します。

乳歯のむし歯は永久歯の歯並びを悪くします。
また、かみ合わせが悪くなる(不正咬合)原因にもなります。
このように、乳歯と永久歯は密接な関わりがあります。
乳歯のむし歯を放っておくと、永久歯に悪い影響が出てこの先ずっと歯のことで苦しむことになりかねませんので早めの治療を心がけて下さい。

虫歯になりやすい6歳臼歯

image

永久歯の第1大臼歯のことを一般的に6才臼歯といいます。
この6才臼歯は永久歯の中で最も早く生えてくる歯で、6才くらいに生えてくるのでこのように呼ばれています。

6才臼歯は永久歯の中で一番始めに生えてきて、上と下の歯の噛み合わせを決定します。
6才臼歯が正しい場所に生えてこないと、次に生えてくる歯の歯並び、顔の形、噛み合わせに悪い影響を及ぼします。

乳歯の1番奥のさらに奥に生えてくるので歯ブラシが届きづらくなります。
そのため、みがき残しが多くなります。
また、生え始めの時期はエナメル質も柔らかく、酸にとても弱い状態なのでむし歯になりやすくなります。

シーラントによる虫歯予防

image

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。
ここにシールをしてむし歯を予防する方法があります。
これがシーラントです。
シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。
ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に検診をする必要があります。

シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。
また、これらの処置は初期のむし歯の治療法としても行います。

フッ素による予防歯科

image

人の歯の表面は、エナメル質でおおわれています。
エナメル質は人体の中でもっともかたいところですが、むし歯になると溶けてしまいます。
フッ素はこのエナメル質(ハイドロキシアパタイト)に取り込まれるとフルオロアパタイトというむし歯に強い(溶けにくい)物質に変えることができます。また成熟していない形成期の歯に対しては、より結晶性の高いハイドロキシアパタイトを生成して強い歯をつくります。
ほかにも自然治癒が可能な初期のむし歯の場合、フッ素を塗ることで治癒を助けることが出来ます。

フッ素の安全性

私たちはフッ素を食べ物や飲物などから自然に少しずつ体内に取り込んでいます。
フッ素は特別な薬品ではありませんので、大量に使用しなければ体に悪影響を及ぼしません。

フッ素塗布について

フッ素はむし歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。歯に直接フッ素を塗るので、市販の歯磨剤よりも効率的に取り込むことが出来ます。

  1. 歯をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます
  2. 脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります
  3. フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食をさけます(たまったつばは吐き出してください)

上の(1)~(3)を2週間の内に3~4回行います。これを年に2~3回実施します。
このほかにもフッ素の洗口法(うがい)やイオン導入法などがあります。

ページトップへ戻る