1805 喫煙がお口に及ぼすコワ~イ影響|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-20:00 土 10:00-13:00

image

院長コラム

1805 喫煙がお口に及ぼすコワ~イ影響

歯周病になってしまう最大の原因は「喫煙」であることをご存知ですか?

たばこの煙には数千もの化学物質が含まれていて、

そのうちにコリンや発癌性物質などの有害物質は200種類を超えると言われています。

喫煙者は、口臭や歯にヤニがついて汚く見えるだけでなく、歯周病やむし歯にかかりやすく悪化しやすいので、

非喫煙者に比べ、治療しても治りにくくなることがわかっています。

 

お口の中はこんな危険に!

・歯周病を発症・進行させる

タバコの中に含まれるニコチンや一酸化炭素の影響により、血行不良、免疫力の低下が起こり、歯周病を発症・進行させやすくなります。

・歯垢が付きやすくなる

タバコのタール(ヤニ)が歯の表面にこびり付き、歯が汚く見えてしまいます。歯垢がヤニのついた部分に停滞しやすくなるため、むし歯の一因となります。

・ビタミンCが欠乏する

タバコを1本吸うと、1日に必要なビタミンCがすべて破壊されるともいわれています。ビタミンCは、体のさまざまな組織にとって欠かせないものです。

・むし歯ができやすくなる

喫煙によって歯周病が進み、歯ぐきが下がって、それまで歯ぐきに隠れていた歯根が露出してきます。歯根は抵抗力が弱いため、むし歯になりやすいのです。

・歯ぐきが黒くなる

タバコの成分が歯ぐき内にあるメラニン細胞を刺激し、メラニン色素が歯ぐきに定着してしまうため、日焼けしたように、どす黒くなっていきます。

・口臭がひどくなる

喫煙が習慣になると、タバコのニコチンやタール臭をだ液が洗い流しきれなくなり、口臭を発生させます。これに歯周病が加わるとさらにキツイ口臭になります。

ページトップへ戻る