No.1605「2次むし歯」とは? 大人のむし歯の特徴|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-20:00 土 10:00-13:00

image

院長コラム

No.1606「2次むし歯」とは? 大人のむし歯の特徴

●大人の虫歯の特徴
大人には大人のむし歯があります。その筆頭が、治療済みの歯に起こるもの。
通常のむし歯のように表面から虫食いになるとは限らないので、気づきにくい点がやっかいです。

●大人は治療済みの歯に注意!
皆さんは歯医者さんで、むし歯を治療してもらった経験はありませんか?じつは大人の場合、むし歯になるリスクがもっとも高いのが、その治療済みの歯なのです。
むし歯は、口の中にいるむし歯菌がつくる酸が、歯の表面のエナメル質を溶かすことによって起こります。
子どものむし歯の多くは、健康なエナメル質の表面や隣接面に穴があき、色が変わってくるので、よくチェックしていれば、比較的簡単に発見できます。
ところが、大人のむし歯は、以前のむし歯治療で入れた詰め物や被せ物のわきから少しづつ進んでいくため、口を開けたときに目につきにくい部分から始まり、歯の中へ中へと進んでいきます。これを二次むし歯といいますが、もしそれが神経を抜いている歯であれば、どんなに進行しても痛みは無く、しかも、むし歯になっても詰め物や被せものに変化はありません。
こうした状況のために、気づいたときには、かなり深くまでむし歯が進行していることが多いのです。
むし歯治療の際、健康保険が利く範囲で使われるプラスティックの詰め物や金属の被せ物は、一生ものではありません。どれくらいもつかは、その人の口の中の状態や毎日のケアの仕方などによって違いますが、寿命があるのです。

これら人工物が年月とともに傷んでくると歯との間にすき間ができ、そこからむし歯が発生しやすくなります。歯と被せ物の収縮率違いから、被せ物と歯の間にすき間ができ、そこからむし歯になる場合もあります。また、詰め物や、連なった被せ物は、天然の歯に比べて、どうしても汚れがつきやすいという欠点があります。そのためその周辺は健康な歯以上に、ていねいに掃除する必要があるのです。

ページトップへ戻る