No.1504 「現代の食事はやわらかすぎ!?歯ごたえのある食事の心がけ」|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-20:00 土 10:00-13:00

image

院長コラム

No.1504 「現代の食事はやわらかすぎ!?歯ごたえのある食事の心がけ」

私たち人類の祖先には虫歯も歯周病もありませんでした。虫歯をはじめとする口腔問題は、すべては人類が食べ物を加工して、やわらかくして食べるようになったことに、はじまります。
だから、やわらかい食べ物ばかり摂ることの害を知ったうえで、少しでも歯ごたえのあるものを口にする機会を増やすことが重要なのです。
やわらかい食べ物は、まず歯につきやすく糖分が多いということがあります。また、よくかまずに飲み込みがちです。
一方、かたいものは歯につきにくく糖分も少ない。また、どうしてもよくかまなければなりません。これが虫歯を防ぎ消化を助けるのです。そして同時に強いあごを作ります。
たとえば煮干しなど、小骨の多い小魚などもよいでしょうし、腸の中をきれいにしてくれる野菜などの繊維質は、腸ばかりでなく歯もきれいにしてくれるのです。挽き肉よりは肉の塊がよく、くるみやナッツ類も歯によいのです。
とくに外食の機会が多く、ハンバーガー、スパゲッティ、カレーといった食事に明け暮れている人は、食生活をもう少し考えないと、歯も歯茎もあごの骨も退化させてしまいます。
かむと脳の老化が防げる?
ある実験によれば、ものをかむと脳の血流量が増えるということが報告されています。これは、高齢になっても自分の歯がたくさんあり、よくかむことのできる人はアルツハイマーになりにくい、という事例と一致しますね。

ページトップへ戻る