Vol.19 「~自分のリスク(弱点)をしることがむし歯治療の第一歩!~」|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-20:00 土 10:00-13:00

image

院長コラム

Vol.19 「~自分のリスク(弱点)をしることがむし歯治療の第一歩!~」

リスクコントロールと予防の違い

治療とは「自分のむし歯になりやすい弱点=リスクを知って、そのリスクをコントロールすること」です。

皆さんの中には、投薬や外貨処置こそが病気の治療であり、そうしないと治らないと信じている方もいらっしゃることでしょう。

しかし慢性疾患を治す方法は、リスクコントロール以外にないのです。
とはいっても、むずかしく考えることはありません。砂糖入りのお菓子が好きでも、完璧なブラッシングができなくてもいいのです。
大切なのは自分のリスクを知り、それに応じた対策をとることです。
自分の悪い癖を知っていれば、大きな失敗をしないというのと同じです。
もちろん特に弱点を知らなくても発症を避ける努力はできます。これが予防です。
食習慣の改善やフッ素化合物の利用を促進することで、むし歯予防はかなりの成果を上げることは実証済みです。
ただ、予防だけでは、特別に弱点の多い人、多い時期、弱点の集中している部位は落ちこぼれていしまします。
たとえば、子どもの場合です。
乳歯はもともと酸に強くないうえに、大人に比べ飲食回数は多く、甘いものも大好きです。
このように弱点がとても多いのですが、弱点を一つ一つ改善していけば、より確実に発症を避けることができます。

ページトップへ戻る