Vol.17 「~むし歯もプラークが原因で起こる~」|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-20:00 土 10:00-13:00

image

院長コラム

Vol.17 「~むし歯もプラークが原因で起こる~」

歯周病と並んでよくみられる歯科疾患「むし歯」の医学的な正式病名は「う蝕症」という感染症。細菌に感染することにより起こる病気です。
小さな子どもからお年寄りまで、かかる可能性があります。
私たちの口の中には、どんな人でも多かれ少なかれ歯垢(プラーク)があり、
そこにはたくさんの細菌が存在します。
むし歯の原因菌も、この歯垢の細菌の一つです。歯周病の原因菌は、空気に触れない歯肉の下の歯垢に潜んだ嫌気性菌でしたが、むし歯の原因菌は、好気性菌なので空気に触れられることを好み、歯の表面に付いた歯垢で活動しています。

むし歯の原因菌は、歯の表面でも、とくに歯垢が停滞しやすいところでよく活動します。
①噛み合わせの面
②歯の間
③歯ぐきの境目
の3か所がむし歯のできやすい場所です。

むし歯の原因菌としてよく知られているのは、ミュータンス菌です。
ミュータンス菌は糖分が大好きです。とくに砂糖を好み、口の中に砂糖が残っていると、たちまちこれを取りこんで分解し、分解の途中でたくさんの酸を作ります。
この酸によって歯の表面が溶かされてしまうのが「う蝕症」すなわちむし歯です。
歯の表面の溶け出しが進むと、やがては歯に穴があいたりして痛みます。
歯の表面が少し溶けただけではほとんど痛みませんが、溶け出しが進んで、歯の中心部にあって血管や神経のつまっている歯髄という部分に達すると、痛みがひどくなります。
歯髄が完全におかされると、痛みを感じなくなることもあります。
歯垢中のむし歯の原因菌は、歯の表面などに残った食べカスを好み、これを分解しながら増殖します。
しかしプラークコントロールによってこの菌の増殖をおさえれば、むし歯の進行も食い止めることができます。
正しいプラークコントロールの方法を、かかりつけの歯科医院で教わりましょう。

ページトップへ戻る