Vol.1 「自然な白さを求める歯科治療」~審美歯科~|武蔵関駅で歯医者をお探しなら、痛みを和らげる治療を目指す石井歯科医院へ。

0339298122

月火水金 10:00-13:00/14:30-20:00 土 10:00-13:00

image

院長コラム

Vol.1 「自然な白さを求める歯科治療」~審美歯科~

最近、無農薬野菜や無添加食品などへの関心が高まって、ナチュラル志向の人が増えてきたように思います。
歯科医療の現場でも、とくに前歯の修復については「自然にみえるように」と希望される方が増えてきたといいます。
以前は、ちょっと指輪やブレスレットをするような感覚で、前歯に少し金の詰め物をしたり、金歯を好んで前歯に入れたりする方法を選ぶ人もいました。
ところが最近では、たとえ奥歯であっても、にっこり笑ったときに少しでも金属がみえようものなら、大変気にされる万が多くなってきたとか。
今日の歯科医療では、天然の歯と同じ色調の材料として、おもにセラミック(陶器材料)と特殊なプラスチックが用いられています。
プラスチックもどんどん進歩していますが、現在のところセラミックのほうが耐久性や色調で優れているようです。
現在広く使われているメタルポンド冠は、金属で精密に作られた「かぶせ」の上にセラミックを焼き付けたもので、いわゆる七宝焼と同じようにして作ります。
金属の上に金属の色を隠すセラミック、その上に象牙質の色をしたセラミック、さらにその上にエナメル質の色をしたセラミックを重ねるなど、いくつもの工程を経て作られるのです。
このような複雑な工程も、最近では科学的にかなり規格化されてきました。
しかし微妙な色合わせは歯科技工士さんのテクニックにかかっています。
隣の自然の歯と比べても見分けがつかないように、茶色や白で着色したり透明感を強くしたり、腕の見せどころです。
しかし、このような自然さを追求する治療は、やはり時間とコストがかかることはいたしかたありません。
これまでは、金属のほうが加工がしやすく、また精度もよいという技術的な問題と、強度、費用の問題から、奥歯は金属で修復することが一般的でした。
しかし今後はますます、奥歯でも自然にみえるような治療に変わっていくことでしょう。

ページトップへ戻る